当組合の主な事業について

1.指導・教育事業

当組合では組合員の技術向上と後継者の育成指導を目的に各種講習会・研修会を実施しています。希望者は受講して必要な資格を取得することができます。

≪主な講習会≫

  • 高圧ケーブル工事技能認定講習会(年1回)
  • 認定電気工事従事者認定講習会(年1回)
  • 電気設備工事積算講習会(年1回)
  • 第一種電気工事士受験準備講習会(各支部において実施)
  • 第二種電気工事士受験準備講習会(各支部において実施)

jigyo01 jigyo02

2.電気工事士免状交付事務受託業務

群馬県からの委託を受け、第一種・第二種電気工事士免状の新規交付・再交付・書換え交付の業務を行っています。
申請の受付は、本部または各支部(安中支部は除く。)にて行っております。

3.一般用電気工作物調査業務

群馬県内全域の竣工調査業務を各支部において実施し、東京電力㈱太田支社管内の定期調査業務を太田定期調査部(群馬電気安全サービス)が実施しています。

一般用電気工作物調査業務についてはこちらをご覧ください

4.点検業務受託事業

一般用電気工作物需要家への電気設備の維持及び運用に関する点検業務を受託して行っています。

5.福利厚生事業

組合員と組合員従業員の福利厚生の増進を図ることを目的に各種共済制度への加入を推進したり、本部慶弔見舞金制度を設けたりしています。また、第三者損害賠償制度や所得補償保険制度、医療補償保険制度など、万が一の時の備えも万全です。さらに、老後の不安解消のため国民年金基金制度、厚生年金基金制度への加入を勧めています。

各種共済制度

・群工組慶弔見舞金制度
・第三者損害賠償制度
・傷害共済制度
・所得補償制度
・全日電工連弔慰金見舞金制度
・全日電工連グループ共済制度 ほか

各種年金制度

・全日本電気工事業国民年金基金
・関東電気工事企業年金基金

6.情報・資料を収集し組合員へ提供する事業

機関紙(群工組組合報)を発行するほか、上部団体である全日本電気工事業工業組合連合会・(公社)全関東電気工事協会からの電気工事業界に関する情報を定期的に発信して組合員へお届けしております。また、東京電力㈱との業務連絡や行政機関、電材メーカーからの最新情報も発信しております。

7.組合活動

総代会 年1回(5月) 総代97名
理事会 年5回(4,7,9,12,3月)
常務理事会 年6回(4,5,7,9,12,3月)
三役会 必要に応じて開催
監査会 年1回(4月)
4部会合同会議 年2回(6,3月)
支部長会議 必要に応じて開催
安全委員会 必要に応じて開催
職員研修会 年1回